アンテナ工事を実施する際はまず設置方法を考える

病院でBS放送を見られるようにするために

建物の屋上にアンテナを設置しておけば、建物内のどのような場所でもテレビを視聴することができます。アンテナの設置工事には複数のパターンが存在しており、設置場所に合わせて工事方法を選択する必要があります。

主な設置工事のパターン

BSと地デジアンテナを同時に新設
地上デジタル放送を視聴するためのUHFアンテナを設置する際は、同時にBSアンテナ装置も設置してもらうことができます。BSアンテナを所有していない方でも、業者の方へ依頼を行なっておけばBSアンテナを用意してもらうことが可能です。
壁面にBSアンテナのみを設置
一般的に販売されているBSアンテナには取り付け用の金具が付属しており、金具を活用すれば住宅の外壁部分にアンテナを設置することができます。簡単な工事であるため、BSアンテナと地デジアンテナの同時設置よりも費用は安いです。

BSを見るために必要なものを確認

ベンダーは必須

病院で設置されているテレビの多くはベンダーから提供されているカードテレビで、ベンダーの方に依頼することでアンテナの設置や配線の接続などを実施してもらえます。ベンダーは一般の地上デジタル放送だけでなく、BSデジタルやCSデジタルなどの放送チャンネルにも対応しています。そのため、病室で衛星放送が視聴できる環境を作っておきたい場合は、サービスを提供しているベンダーと交渉を行なう必要があるのです。

衛星放送の受信も検討しよう

視聴できるチャンネルの数が少ないと利用者から苦情が発生したり、患者の数が少なくなってしまったりする恐れがあります。病院でアンテナの設置工事などを行なう際は、衛星放送の受信環境を設けることを検討するのも良いかもしれません。

TOPボタン